考えてることを綴るところ。プロフィールは記事にて。


by lisa06k

カテゴリ:進路( 1 )

回り道


だいぶ久しぶりの投稿になってしまいました。
しばらく毎日盛りだくさん過ぎて、頭の中に書きたいことだけ溜まってました…ごくごく一部を文字にします。
今回は、ぜひ悩める後輩達にも読んでもらいたい内容。



日本を出発してからちょうど3週間ですが、ここ数年悩み続けた進路選択のコツについて、一つ「見えたな」と思ったことがあります。


それは、焦らないこと。



私もそうだし、周りの友達を見ていても思うんですが、この世代ってなぜか生き急いでしまう人が多いと思います。東京が都会過ぎるせいだと勝手に思ってます。なんかこう、何かに追われてしまうんですよね。後は、真面目な人ほど、ちゃんと良い大学に行かなきゃ、とかちゃんと良い仕事につかなきゃ、とか周りの期待に応えなきゃ、とか考えてしまうんです。(私はちなみにとてもまじめです。)


でも、年上の人にそういった相談をすると、大抵同じことを言われるんですね。
「人生なんてどうなるかわかんないんだから、計画通りにはいかないよ。」って。


確かにそうなんだけど、でも…
って今までは思ってたんですが、今回のインターンで、この余計な「でも…」が取れた気がします。


ほんとに、人生何があるかわからない。


どこでどんな出会いがあるかわからないし。
どんな人と友達になって、どんな人と付き合うかなんて予測できない。
価値観が変わる出会いもあれば、自分の価値観を再確認する出会いもある。


それから、いつ自分が何に興味を持つかもわからない。
世界のどこで何か大きな出来事があれば、考え方が変わるかもしれない。
(私にとって、阪神大震災、9.11、東日本大震災はどれも価値観を揺るがした出来事です。このことについてはいつか書きます)



そんな人生なのに、生き急いでせかせかしても、本当にしょうがないですね。
「時間と友達になりなさい。」
最近出会った師匠によく言われます。その通りですね。



私は欲張りなので、色んなことをやりたくなって、結局自分を苦しめることになることが多々あるんですが、選択と集中も必要。あと、何かを習得するためには時間も必要。この前、フランス語を習得するために5年費やしてる場合じゃない、みたいなこと書きましたが、もしかしたらそのぐらい費やしても何の問題もないかもしれない。人生無駄な経験なんてないですもんね。



前回のプロジェクトでお世話になった方も、今お世話になっている方も、面白い経歴をお持ちで、話を聞いていて本当に勉強になります。前者は男性で後者は女性ですが、お二人ともかっこいい。大好きです。ブログには詳しく書きませんが、口頭であればこのお二人の魅力について延々と語ります。



振り返ってみると、人生で話のネタになるような面白い経験をちょこちょこしてきました。
大学入ってからも、まさかホッケー部を作るなんて思ってなかったし、文系から農学部に行くとか考えていなかったし、モロッコに1年で2度行くなんて考えてなかったし、面白いことしてるなって自分でも思います。


でも、まだまだ甘いので、もっと面白い経験をしていきたい、って強く思います。
あとは、英語に頼り切らず、しっかり時間をかけてフランス語を習得すること。
もともとアフリカで働きたくて大学入学時にフランス語を選択しているので、初志貫徹を。
(ついでにアラビア語も。次にモロッコに来たときは、漁師さんと会話したい!)


それから、博士号を取りたいな、と考えるようになりました。
海外で学びたい。外に出たい。どうしても。
そのためには、今目の前にある研究としっかり向き合って、結果を出していかないとダメです。
卒論英訳を急ぎます。ほんとに。先生、もう少し待っててください…。



あれもこれも、ではなくて、軸を決めて、あとはひたすら面白い回り道を探す。
焦らず、じっくり、進んでいけたらいいですね。




忘れた頃に、この初々しい投稿を読み返したいと思います。
関係ないですが、今お世話になってる方がサーファーなんですが、話聞いてたらほんとサーフィンしたくなった。帰ったらバイト先の先輩に連れて行ってもらいます!
[PR]
by lisa06k | 2012-09-19 02:49 | 進路